トップページ > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病治療は、ご本人のご協力が不可欠です。

歯周病とは

平均寿命が長くなり、いまや虫歯と並んで国民病と言われるまでになった歯周病。歯と歯茎の境目にある歯周ポケットに住み着いた歯周病菌が歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、支えを失った歯はぐらぐらし始め、ついには抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。重症化するとときどき腫れる、痛むなどの症状が出ますが、それまでは症状もなく進行するため、なかなか気づかないものなのです。


歯茎がはれて出血しやすい歯肉炎の状態。まだ骨はしっかりしています。
歯周ポケットが深くなり、歯槽骨という歯を支える骨が溶け出してきています。歯周病菌のしわざです。歯石も硬く、深く付着して、歯の周りの組織にどんどん悪影響を及ぼします。
歯周病が進むと、虫歯のまったくない歯が、ある日ポロリと抜け落ちてしまいます。
昔、歯磨き剤のCMでありましたよね、「その歯は、健康なまま死にました」と。まさに、あれです。

歯周病の治療

  1. パノラマレントゲン
  2. パノラマレントゲンで、歯槽骨の状態を確認します。全体の状態がわかるとともに、歯周病に影響を及ぼす虫歯や不適合なかぶせ物など、いろいろなことがわかります。

  3. 歯周ポケットのチェック
  4. プローブという器具を用いて、1本1本の歯の歯周ポケットの深さを測ります。この数値が歯茎の炎症と歯槽骨の吸収の度合いを表します。ある部分だけ、歯周病が進んでいることがあってもしっかりと把握することができます。

  5. ブラッシング指導
  6. 歯周病治療でもっとも大事な過程です。歯科医院での専門的ケアに加え、家庭でのブラッシングが治療の成功を大きく左右します。

  7. スケーリング(歯石除去)
  8. 超音波スケーラーを使って歯石をしっかりと取り除きます。このとき、一緒にフッ素入りクリーニング剤をつかって歯面をきれいに磨きます。

  9. 2回目のポケット診査
  10. ブラッシング、スケーリング後のポケットの改善具合を計ります。多くの方はこの段階で、定期メインテナンスに入ることができます。中等度から重度の歯周病の方は、このあとさらに治療へすすみます。

  11. ルートプレーニングとキュレッタージ
  12. 深い歯周ポケットの中のほうまで徹底してクリーニングします。奥まで入り込んだ歯石や、強い炎症で悪い状態になった歯茎を取り除きます。麻酔が必要になることもあります。

  13. 3回目のポケット診査
  14. この段階で定期メインテナンスに移行する方も多くいらっしゃいます。重度の方は、よくカウンセリングをしたあと、歯周病科手術を行う場合もあります。

歯周病治療の要「定期メインテナンスとは」

歯周病治療は、根気よく続けることがとても大切です。歯科医院で適切なブラッシング法を学び、専門的なクリーニングをうけることが基本。そして長い治療が終わってからは、定期的にメインテナンスを受けることが必要なのです。定期的に歯石を取り除き、虫歯菌や歯周病菌のかっこうの住処となるバイオフィルムを除去することが、がんばって治療したお口の中を良好に保つ最善の方法です。

>>詳しくは定期メインテナンスをご覧ください。



お問い合わせ